養神館合気道龍日向・令和2年2月9日の稽古

場所:宮崎市清武体育館3F柔道場

時間:10:30~12:00

 久々にブログを再開できました(≧▽≦)。以前のように清武体育館で日曜に稽古できるようになりました。やはりこちらが「ホーム」という感じ(#^.^#)

稽古内容

 基本技:正面突き肘当て呼吸投げ2

 審査稽古:5級(片手持ち2カ条抑え①②)

  ◎気を付けたいところ

    正面突き肘当て呼吸投げ

     ・体の変更でさばきつつ、抑えを利かせて受けを仕手の斜め前方に誘導します。投げの際、後ろ足・腰・肘に添えた手を一直線上に。短い技ですが、仕手受けの位置関係の大事さを感じる技ですね(#^.^#)

  本日から審査稽古。受験者の皆さんには、受けにも十分慣れて5級の技の難しさと楽しさを感じて頂きたいと思いますm(__)m。

養神館合気道龍日向令和元年12月20日の稽古!(^^)!

場所:宮崎市清武中学校体育館1F

時間:19:00~20:30

内容:肩持ち2カ条抑え②(立ち技・座り技は二か条締めのみ)

   片手持ち一か条投げ、片手持ち肘当て呼吸投げ

   〇留意点・・・

    ●二か条締めは、背筋を伸ばし胸を張って腰から前進し、受けの持ち手の親指人差し指付け根に肩の力を集中する。

    ●投げ技は後ろ足のふみこみを大きく伸びを出す

   肩持ちの技の稽古は体幹の力を持ち手に伝えていくので難しいですが、基本動作の反復の効果が良く分かる稽古だと思います( ^)o(^ )

  

さあ、審査も無事終わり、今年もあと一回で稽古収めです!(^^)!

  

養神館合気道龍日向・令和元年12月15日の稽古

場所:宮崎市総合体育館1F

時間:13:00~14:30

内容:横面打ち肘締め①②、横面打ち一か条投げ、横面打ち四方投げ崩し

   横面打ちの技が初めての方がいたので、横面の打ち方とさばき方を始めに練習しました。横面打ちは間合いがやや難しいです(#^.^#)初級の皆さんはまだ体になじまず、初動に苦労されていますが、慣れてきたら楽しくなると思います(#^.^#)

 〇留意点

   横面打ち肘締め①②・・・受けの肘は強く抱え込まず、抱えた腕の親指人差し指をしっかり仕手の肩につけて胸を張る。回転で肩(接点)から力を流していく

 

 今年の稽古も後2回(#^.^#)。12月24日が今年も最終稽古になります。皆様ケガのないよう、楽しい締めくくりとしたいと思います!(^^)!。

養神館合気道龍日向・12月13日冬の審査

場所:宮崎市清武中学校体育館1F

時間:19:00~20:30

本日、6級と4級の審査を行いました。

   受験者の皆さんの稽古の成果が良く出ていたと思います。課題だった受けの形も何とかできていました。今後形をなぞるだけでなく、一挙動ごとに気持ちを集中して動けるようになるとより良い技ができるのではないかと思います。

 受験者の皆様、お疲れさまでした(#^.^#)

  講評

   6級

  ・片手持ち四方投げ・・・重心移動し転換したとき、肩を落とす。前膝曲げ腰を落とす。

   4級

  ・正面打ち四カ条抑え①・・・4カ条極めでは、受けの肘が下を向くように手首を返し腰を下に向ける

  ・両手持ち呼吸法①・・・振りかぶり及び切り下しの姿勢では腰を下に向ける

養神館合気道日向12月9日の稽古

場所:宮崎市清武中学校体育館1F

時間:19:00~20:30

内容:冬の審査稽古(6級)

  留意点

  〇 片手持ち四方投げ・・・振りかぶりから転換して切り下す動作は、持たれている手も使って受けを誘導する。

  〇正面打ち一か条抑え②・・・正面打ちの受けから回転まで軸足がぶれない。受けの肘に添える腕が縮こまない(むしろ押し込む)

 

  今回6級を受ける受験者お二人は頑張っておられまして、姿勢は安定してきました。あとはお互いをよく見て呼吸を合わせてほしいところ、、、

 それにしても初回審査の技とはいえ、6級の技は難しいなー(>_<)と改めて思います。多くの技を覚えて反復する稽古の日々ですが、常に原点たる片手持ち四方投げ、正面打ち一か条抑えを、大事に思い出して研鑽したいと思います!(^^)!。

さあ今週㈮はいよいよ審査本番です!(^^)!

養神館合気道日向12月6日の稽古

場所:宮崎市清武中学校体育館1F

時間:19:00~20:30

一気に寒くなってきました。畳の摩擦が少なくなって動きやすいのが救いです(#^.^#) 

内容:冬の審査稽古(6、4級)

   ●6級

   四方投げ①②、一か条抑え①②。稽古の成果が出てきまして、受験者の仕手の形は整ってきました。が、、受けとのタイミングや間合いがなかなか合いません(>_<)仕手の動きをよく見て気を抜かないことが大事と感じます(#^.^#)              

   ●4級

   受験者は審査の基本技の手順は覚えた感じ。もっとも練習してきた基本動作が生きる技が多いので、基本動作を活かした体の使い方を意識してほしいところです。

   肘締め②・天地投げ①・・・体の変更②

   小手返し②・・・臂力の養成②、体の変更②

   両手持ち呼吸法①・・・終末動作

養神館合気道日向12月1日の稽古

場所:宮崎市総合体育館1F柔道場

時間:10:30~12:00

内容:基本技・正面打ち正面入り身投げ① 応用技・片手持ち投技(肘当て・一か条投)

   冬の審査稽古(6級)

   

   ◎正面打ち正面入り身投げ

    ・・・入り身してすぐに受けの襟を仕手の脇に密着させます。踏み込んだ時に受けの肩を脇で抑えた姿勢になります。

   6級基本技・四方投げ・・・重心移動で向きを換える動作では、顎を引いてやや前傾しつつ向きを換えることで、受けの手が頭の上をスムーズに通っていきます。投げの踏み込みは、前脚を、膝を伸ばすようにスーッと踏み出します。 

 6級の受験組は受けのタイミングでお互いやや苦労されていますが、稽古の成果は確かに感じられます。審査は12月13日。ケガに気を付けて頑張って頂きたいです!(^^)!