養神館合気道龍・令和4年11月27日(日)の稽古

場所:宮崎市清武体育館3階柔道場

時間:1コマ目10:00~11:00 2コマ目11:00~12:00

内容:1コマ目:片手持ち四か条抑え1(立技・座技)、片手持ち側面入り身投げ、片手持ち自由技  2コマ目:両手持ち二カ条抑え2(立技・座技)、両手持ち天地投げ2、両手持ち呼吸法2

〇気を付けたこと・・・

●座り技において

腰(軸・中心)の力が持たせる手に乗ることは、受けとの誘導・繋がりのために大事と思われます。座り技でつま先を立てたときに両脚の踵が寄る(合わさる)よう意識しました。親指が辛いですが( ;∀;)、背筋が安定し、腰が前に進み、両手に繋がる力もブレにくいです(#^.^#)。回転の際もなるべく両踵が離れないよう気を付けます(*^^)v 踵を合わせることで、膝を立てずに滑らせて前進する(側面入り身投げ等)動作で安定感を感じますね。

●持ち手を抑え過ぎない・・・片手、両手持ちの初動や、締め・投げの形の際に、受けの手を抑えようとすると反発を感じます。4月の規定技で安藤師範より両手持ち天地投げで説明がありました。「むしろ持ち手は上がる」、、、「両手持ち呼吸法」や「臂力の養成」のように、腰の前進による合わせの結果、受けが上がってくる感じととらえています。

養神館合気道龍・令和4年11月18日(日)の稽古

場所:宮崎市清武体育館3階柔道場

時間:1コマ目10:00~11:00 2コマ目11:00~12:00

内容:1コマ目 横面打ち二カ条抑え1(立ち技座り技)、横面打ち四方投げ

   横面打ち一か条投げ、肘当て呼吸投げ 、座り技両手持ち呼吸法2

   2コマ目 横面打ち3か条抑2(立ち技座り技)、横面打ち正面入り身投げ2  

   横面打ち小手返し、腕がらみ 

 ◎横面打ちの技の稽古でした(#^.^#)。

 ●意識して稽古したところ・・・初動の横面打ちの受け(合わせ)については、その後の投げ、抑えの動作におけるバランスや力の使い方と同じととらえ、より注意して稽古してみました。両手持ち呼吸法の振りかぶり切り下しと同じ意識で行うと上手くいく気がします(≧▽≦)

 初動の当身など両手を出す動作小手返しの当身、片手持ち肩持ち等の初動、後ろ両手持ちの頭の抜き、側面入り身)は、いずれも臂力の養成1・両手持ち呼吸法の意識でやると姿勢がまとまり、受けとの繋がりが良いです。

 当身については、未だに威力の出し方が分かりません( ;∀;)が、腰(中心)から両手に均等に力を出す(振りかぶり、切り下し)・受けの中心と繋がるためのツールとしてしばらく捉えて稽古してみようと思います(#^.^#)。

  

 

養神館合気道龍・令和4年11月13日(日)の稽古

場所:宮崎市清武体育館3階柔道場

時間:1コマ目10:00~11:00 2コマ目11:00~12:00

内容:1コマ目 肩持ち3か条抑え2(立技、座技)、肩持ち自由技 座技両手持ち呼吸法1

2コマ目 正面打ち肘当て呼吸投げ1.2(立技、座技)後ろ両手持ち肘当て呼吸投げ1、2、両手持ち呼吸法5

本日は、会員Mさんのお子さん二人が見学に(*^^)v。お父さんの雄姿をきっかけに合気道に興味を持ってくれていれば良いけど(#^.^#)、、、

○気を付けたポイント

今回は両手持ち呼吸法の切り下しの動作の重要性に注目してみました。

●座り技肩持ち2・初動の横移動・・・横に移動し面を打ったとき、持たせた肩と面に均等に力が乗っている必要があります。当身の腕が縮まないよう意識。

この姿勢(相手との位置関係)は、両手持ち呼吸法の振りかぶり・切り下しと同じと考えます( ^)o(^ )(やや前傾で腰(丹田)が下を向く)。このまま腰から前傾前進すると受けの中心に力が乗り崩しになります)。うまく受けの中心とつながるポイントではないかと思います

摺り上げ、回転、切り下し、三か条の締め・引きの動作いずれにも臂力の養成と両手持ち呼吸法の腰の軸へ乗りを意識して行いました。

●肘当て呼吸投げ・・・最終的に投げの際に掌(肘)を返すわけですが、腰の前進が乗るインパクトの瞬間(踏み込んだ脚の膝は伸びる?)が大事であり、あまり手の返しを意識しないのでは?と考えるになったので、会員さんにお伝えしてその要領で行ってもらいました。実際、良く効きました(*^^)v

肘当てで上手く投げられた(極められた( ;∀;))ときは、むしろ上に突き上げられるような衝撃がありますね(*^^)v。どちらかというと肘当て1より肘当て2の方が要領を掴みやすい気がします(*^^)v

養神館合気道龍・令和4年10月30日(日)の稽古

場所:宮崎市清武体育館柔道場

時間:1コマ目10:00~11:00 1コマ目11:00~12:00

内容 1コマ目 綾持ち2か条抑え2(立ち技、座り技)、両手持ち天地投げ1,2

   座り技綾持ち二か条抑え1(締めの動作)

   2コマ目 肩持ち側面入り身投げ2(立ち技座り技)、両手持ち天地投げ2(座り技)、両手持ち天地投げ応用、杖取り3本

◎気を付けたポイント

●綾持ち二か条の締め・・・下方に落とそうとせず、持ち手に乗せた手の位置は変えず臂力の養成1のように腰の押し込みで力を伝えます。ぶつからずに上手く締めが極まる感覚があります(#^.^#)

●両手持ち天地投げ2・側面入り身投げ2・・・回転からの入り身の動作。受けに対しやや斜になり両膝を伸ばし、「ハの字」の姿勢に入り身の姿勢は、腰の力が中心から抜けない、両手に均等に力が乗っている、受けとぶつからない位置。が大事と思いますが、さらに、腰を切った時に「腹」の力が、両手に均等に乗ることも大事では、と最近感じます(#^.^#)。

●投げの動作では、手で切り下ろそうとせず、二か条締めと同じ感覚で、腰(中心)の前進を密着した相手に伝える感じに(むしろ抑えの手は、前進の瞬間、上がる(・・?)、と指導してみました(*^^)v

●杖取り3本・・・内よけで一か条投げ、外よけで一か条なげ、一か条抑えを稽古。浦安支部に在籍していた際、教わった動きを想いだしつつ、会員さんに指導(*^^)v

「あれ、上手くいかない( ;∀;)、、、」あとで良く思い出すと、Mさんの持ち手がやや短かったようです。両持ち手の間にこちらの手が入らなくてはならないわけで

(>_<)。すぐ気づかなかった私の研鑽不足( ;∀;)、要反省ということで_(._.)_、、、

 

養神館合気道龍日向・令和4年10月23日の稽古( ^)o(^ )

場所:宮崎市清武体育館3階柔道場

時間:1コマ目10:00~11:00 2コマ目11:00~12:00

内容 1コマ目 横面打ち小手返し1(立ち技、座り技)、横面打ち正面入り身投げ

  2コマ目 側面入り身投げ1(片手持ち、肘持ち)、側面入り身投げ応用

  組杖(1~4本目)

久々に杖の稽古を( ;∀;)。うーん、スムーズにいかん(>_<)。来年1月の上京で龍道場の武器技稽古でしっかり修正しよう( ;∀;)、、、

◎気を付けたポイント

 ●小手返しの、横面打ちを誘導しての重心移動。この時は「臂力の養成2、用意」の姿勢でずが、特に受けの手を抑えようとせず、腰の切りを強く意識します。すると抑えようとしなくても抑えが効くようです(*^^)v

最近臂力の養成2、用意」の姿勢は、後方にも力を出す(伝える)稽古ではないかと思い始めました(後ろ両手、後ろ両肘肩、後ろ襟持ち等の持たれた時にも応用)。要研究です(#^.^#)

●座り技での小手を返す動作・・・腰(腹)を下に向け、抑えの力を持ち手に伝えつつ、膝を鋭角に立てて移動させます。ここは、両手持ち呼吸法の切り下しの稽古が活きるところかと思います。

●側面入り身投げ(片手持ち、肘持ち)の初動・・・踏み込みの前に、受けの引き手に、臂力の養成1要領で腰を入れて力を合わせます。この時点で、受けと繋がるので、投げることも可能になる上、このあと楽に動けます(*^^)v 最近は、どの技でもこの点を意識しておりますが、良い感じで次の動作に移行できる気がします(≧▽≦)。

 入り身してからの投げですが、無理に腕で抑えようとせず、むしろ腕は臂力のように上げたまま腰から前進するように意識しました。最近は、どの技でも「振りかぶり(摺り上げ)を強く意識、切り下し(抑え)は自然に」を心がけています(#^.^#)

 

●側面入り身投げの応用・・・やや離れた間合いから、片手で誘いつつ、踏み込んで即、投げに入ります。浦安支部龍道場の稽古でやった記憶があり、思い出しつつ稽古してみました。会員の方も楽しんでくれたようです(#^.^#)

養神館合気道龍・令和4年10月16日(日)の稽古

場所:宮崎市清武体育館柔道場3階

時間:1コマ目10:00~11:00 2コマ目11:00~12:00

1コマ目 正面打ち4カ条抑え2(立ち技、座り技)、正面打ち正面入り身投げ、正面打ち体の変更呼吸投げ、座り技両手持ち呼吸法3

 

2コマ目 肩持ち肘締め1(立ち技、座り技)、肩持ち一か条投げからの変化(小手返し、腕がらみ、)、座り技両手持ち呼吸法4

◎気を付けたこと

1.一か条2の回転と4カ条締め・・・正面打ちの受けから、臂力の養成1の要領で突き上げつつ回転。4ヶ条の締めも、抑えようとするより、臂力の養成1を意識した突き上げ(振りかぶり)をしつつ回転した方が、受けとぶつかりなくスムーズにいく気がします(座り技も同様)

2.体の変更呼吸投げ・・・正面入り身投げや一か条投げにおける摺り上げからの切りおろしがここでも登場すると思われます(#^.^#)、投げる直前、やや持ち手がやや上がります。ここの動作も臂力の養成1の要領があると思われます。

3.肘締めも、抱え込むよりも、腰(中心)の真っすぐな前進により、抱えた腕への「圧」で締めるよう意識しました(*^^)v

養神館合気道龍・令和4年10月9日(日)の稽古

場所:宮崎市清武体育館3階柔道場

時間:1コマ目10:00~11:00 2コマ目11:00~12:00

内容 1コマ目 正面打ち四か条抑え2(立ち技、座り技)、正面打ち正面入り身投げ

   (応用)、座り技両手持ち呼吸法2

   2コマ目 肩持ち肘締め1(立ち技、座り技)、肩持ち側面入り身投げ1、2

   、 座り技両手持ち呼吸法3

 本日、隣の剣道場での剣道の稽古では、ずっと昭和の歌謡曲(主にフォーク)が掛かっていました( ^)o(^ )。市内のクラブと思われます。

稽古風景は気合に満ちた至極真剣なもの。その中、長渕剛南こうせつ井上陽水の曲が流れるという不思議な空気、、、、もっとも隣で稽古する私たちも特に不快にも障害になることもなく、終始笑顔で稽古できました。真似しようとまで思いませんがそう悪くない(#^.^#)、、、斬新な風景でした(*^^)v

 ●気を付けたポイント

 四か条抑え・・・締めの際、1の前進も2の回転も、手で下に抑え過ぎず、臂力の養成の要領で腰を力を軸脚に乗せる感じで、真っすぐ前方に力を送りつつ締めるよう意識。

 肘締め・・・肘を挟んでからは、四カ条抑え同様、下に抑えるというより、臂力で腰を押し出す感じで力を挟んだ腕に伝える